ポスト- 2004シリーズ

  • 2010/03/05(金) 06:46:30

[編集]忍者龍剣伝
主な記事:忍者外伝(2004年のビデオゲーム)NINJA GAIDENシグマ

このシリーズは、Xbox用忍者外伝の2004年のリリースでは数年後に復活した。タイトル開発者は、5年間知伸、板垣と彼のチームの忍者、そして最終的に高い売上と批評家の称賛をリリースして開発されました。新しいコンテンツのモードと機能をアップグレード版は、翌年には、名前を忍者外伝黒の下に出てきた。以降では、プレイステーション3ニンジャガイデンシグマとしては2007年7月3日に行われたリメイク版。後者のバージョン、および再生可能な文字としてレイチェルは、グラフィックス、高解像度の基準に再加工しています。

その続編忍者外伝:ドラゴンソードと忍者外伝2と一緒に話retconとして、ファミコン忍者龍剣伝シリーズの前に起こって確立されている。 [3] [4] [5]。ゲームのメインストーリーリュウハヤブサの探求に悪の手から彼の一族の大半がダークドラゴンブレードを取得するために設定が一掃されたが含まれます。
[編集]忍者外伝ドラゴンソード
主な記事:忍者外伝ドラゴンソード

IGNはニンテンドーDS向けにリリースされる予定ニンジャガイデンドラゴンソードと発表した。このゲームは斜め上で演奏されるダウン3Dグラフィックスを表示してプレーヤーを横向きに、本のように、ホテルの夕暮れのように、ニンテンドーDSを保持する:ルーム215と脳年齢が必要:分の鉄道あなたの脳の日。ニンジャガイデンドラゴンソードは、スタイラスのフルポテンシャルを使用して演奏されます。これは、PSPの代わりに、なぜチームの忍者は、ニンテンドーDS用ゲームをすることを選んだ理由です。物語は6ヶ月設定されて2004年の忍者外伝のイベントの後に。また、新再生可能な女性の忍者のキャラクター、もみじです。どちらも日本語版リリースとは、米国のリリース日 2008年3月だった。[6]
[編集]忍者龍剣伝2
主な記事:忍者外伝2世(2008年のビデオゲーム)とニンジャガイデンシグマ2

忍者龍剣伝IIは、ポスト内の次のゲーム- 2004シリーズされ、1年間の忍者外伝(2004)イベントの後に設定します。これは、Microsoft Game Studiosがして、Xbox 360用に公開された。ゲームの新機能を4つの難易度レベルを再生成するヘルスバー、人工知能のグラフィックと敵のアップグレードされた[7]。忍者外伝IIの拡張版は、プレイステーション3用にリリースされたNINJA GAIDENシグマ2タイトル[8]。
[編集]外部リンク

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する