忍者キッド

  • 2010/03/05(金) 06:47:02

出版社(掲載)バンダイ
プラットフォーム(秒)ファミコン/ファミコン
発売日(掲載)JP 1986年4月17日
ナ1986年10月29日
ジャンル(秒)プラットフォーム/アクション
モード(S)シングルプレーヤー
メディアカートリッジ

忍者キッド、日本ではゲゲゲの鬼太郎 - 妖怪大魔境として知られて(ゲゲゲの鬼太郎妖怪大魔境?)、ファミコンゲームのトーセが開発した[1]とバンダイが発行されます。日本語版の鬼太郎ゲゲゲの漫画には基づいているゲームは、一般的な"忍者キッド"と鬼太郎のすべての参照は、アメリカ版に削除されたように変更されました。このゲームの続編ゲゲゲの鬼太郎2:妖怪軍団の挑戦は、次の今年は日本だけでも、バンダイが発売されたタイトルが続いたが、このゲームはRPGとは、プロットされた、オリジナルとは無関係です。
目次
[非表示]

* 1ストーリー
* 2忍者キッド/ゲゲゲの鬼太郎 - 妖怪大魔境
* 3も参照してください
* 4参考文献
* 5外部リンク

[編集]ゲームプレイ

ゲームオーバーヘッドを地図上でいくつかの異なるアーチで始まる。それぞれのアーチは違った面をスクロールミッションと、ミッションのアーチの形状によって決定されることができるタイプのリード。各ミッションの終わりには、2つのドア、そのうちの一つマップし、その中のミニ垂直方向にスクロール塔の上司のことでに時間がかかります他の戻り値が表示される最上位(ミニボスを撃破した後マップするために返されます)。また、各ミッションの間に、アイテムがランダムに画面上に表示されます。いくつかのボーナスアイテムも一時的な速度を高めるか、またはあなたがドアを示してフクロウをバックアップするミニ(の代わりに上司の塔)につながる。一度にスクロールを収集、それに要塞のロックを解除して、マップのボスの戦いは、マップの真ん中にある小屋に撮影することができます。ボスと戦う時があれば、笛は、画面の左端のコーナーでは、文字をすることができますしゃがむおなじみの召喚に笛を使用して収集されている。
[編集]忍者キッド/ゲゲゲの鬼太郎 - 妖怪大魔境

オリジナルの日本語版、特にアメリカのバージョンと異なっています。メインキャラクターは、高坂は彼のメイン武器は髪ではなく、ダーツです。彼のサブ武器を飛んで、指の代わりに手裏剣は、羽毛の代わりに、彼のベストは、ブーメランの代わりに下駄。これらのすべての核兵器のアメリカ版、今日の主役のものと同じ機能が異なるだけで、スプライトを使用します。火の玉サブ武器は同じままです。ややbafflingly、1つのレベルの"フランケンシュタインのモンスターのような西部の"映画の怪物とドラキュラ伯爵が生息している;のボスレベルBuckbairdている。これは要塞のロックを解除スクロールは、元のバージョンでは水晶の玉です。シャトルも、漫画からされる文字:ペガサスもともとぬりかべとはまったく異なるが、イーグルKonakiジジとなり、ミラーSunakake Babaaされました。最後に、マイナーな敵の数が異なる;最も有名な"海賊忍者"いくつかのゲリラ戦のレベルで発見当初ねずみ男となり、犬のレベルのファイト中に一反木綿の鬼太郎乗っています。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

これで2人目!

ヤリマンから5万円もらったww

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する